歯科材料の直販
ピーディーアールの公式オンラインショップ | こんにちは、ゲスト 様
  • 新規会員登録
  • ログイン
  • ショッピングカートを見る 0 ¥0
16:00までのご注文は 当日発送!
¥5,800(税抜)以上で 送料無料!

TOP > ちょっとマニアックなグローブの話

CATEGORY
    P.D.R. DESK

    TEL:0120-108394
    FAX:0120-108649

    受付日時
    9:00~17:00(日祝休み)



























    「グローブマニア」


    こんにちは。歯ブラシ担当の櫻井です。

    今回はグローブ担当の清水から聞いた「グローブの話」をご紹介します。

    一般的にグローブは厚いよりも薄いほうが伸ばしやすいのですが、一概に「薄いほど伸びる」とは限らないのがグローブの面白いところです。素材は同じで、厚みが同じくらいのグローブを、同じくらいの力で引っ張ってみましょう。「ノビッコ」と「ボルク」を比べてみました。
      
    ボルクもよく伸びますが、ノビッコは更に伸びます。ほぼ同じ厚みなのに、どうして伸びに差が出るのでしょうか。理由の一つは加硫促進剤(ZAS)です。
    グローブの原料はドロドロの液体です。それを固めると、私達がいつも目にするゴムの状態になります。この固める工程を加硫と呼び、固まる時間を短くするための添加剤が加硫促進剤です。大半のグローブには加硫促進剤が入っています。この加硫促進剤には、ラテックスグローブが持つラテックスアレルギーのリスクに比べればわずかですが、アレルギーリスクがあります。そのため、加硫促進剤が少ない(または不使用の)グローブは、肌により優しくなります。肌への刺激を軽減するために加硫促進剤を減らして作ったグローブが、ノビッコです。製造は難しくなりましたが頑張りました。また、加硫促進剤を減らしたら、肌に優しいだけでなく、柔らかくて、よく伸びるようになりました。更に、加硫促進剤が少ないグローブは、汗で変色しにくいメリットもあります。
     
    では、加硫促進剤が入ったグローブは駄目なのか。いえいえ、そんなことはありません。加硫促進剤を入れるとゴムは強くなります。加硫促進剤を使っているボルクは丈夫で破れにくいのです。
       
      
       肌に優しく、よく伸びるノビッコ。丈夫さと伸びやすさをバランスよく兼ね備えるボルク。それぞれの長所があるグローブが、今回はどちらもセール中です。ぜひ、お試しください。    


    ※2019年2-3月セールカタログP.2掲載


    TOP